【辞めたい若手医師必見】 病院の退職方法と転職先

退職
悩める医師
悩める医師

辞めたいがどう伝えて辞めたらいいか‥

今よりもっといい条件の職場で働きたい。

こういった疑問に早速答えていきます!

退職方法
  1. 事前から先輩や上司に相談しておく。
  2. 将来の方向性を決め、退職の期限を決めておく。
  3. 退職代行を使ってみる。

おまけ‥メンタルクリニックへ通った場合、就業不能であれば診断書を書いてもらう。知り合いの心療内科医がいたらそこへ通うのもアリかも!?

疲れた医師
疲れた医師

正直、体裁もあるから一歩踏み出し辛い‥

応援する<br>ナース
応援する
ナース

誰でもはじめての退職は言い辛いものです。

勇気を持って一歩踏み出して、先生!

実のところ病院でもまだほとんどブラックな病院が多いです。

サービス残業やオンコールでの出勤後の勤務など辛い現状を挙げてみましょう。

疲れた医師
疲れた医師
  • コロナ対応がつらい‥
  • サービス残業や激務でつらい‥       
  • 細かい雑務が終わらない‥
  • 論文地獄‥
  • 病院の待遇が悪い‥
  • 当直明けで夕方に終わり外勤で当直‥
  • 看護師が怖い‥

などさまざまなストレスがあります。

応援する<br>ナース
応援する
ナース

次の就職先が気になる時は次の3つの方法があります。

就職先の候補
  1. 開業する
  2. 他の病院・施設・産業医・公務員として働く
  3. 医療関連の一般企業で働く

3つの転職先についてメリットデメリットを公開!

1,開業する

メリット:

  • 収入大幅アップの可能性
  • 自由な働き方ができる
  • 理想とする医療を提供できる
  • 人間関係などの精神的ストレスが少ない

デメリット:

  • 収入の不安定化
  • 代理の医師がいないと休めない
  • 経営者としてのプレッシャー
  • 労務の管理負担が増す

開業は始めの負担はありますが理想の医療が提供できます。 

自由に時間やお金が使えるのも魅力です。

2,他の病院・施設・産業医・公務員として働く

メリット:

  • 勤務場所によっては年収が高くなる場合がある。
  • 病院以外であればオンコールや時間外勤務が少なくなる。
  • 公務員であれば福利厚生が充実し有休消化ができる。

デメリット:

  • 勤務場所によっては年収が低くなる場合がある。
  • 病院・施設であればオンコールや日当直がある。
  • 病院以外の場合、すぐに検査ができないため幅広い医学知識と治療技術が必要になってくる。
  • 採用枠が少ない場合が多い。

地域密着型の医療を提供できたり

働き方によってはライフワークバランスを重視できます。

3,医療関連の一般企業で働く

メリット:

  • 週休二日を確保できるケースもあり、企業によっては長期休暇を取れる場合がある。
  • 当直など長時間労働がほとんどない。
  • 医師経験によっては年収アップも見込める。

デメリット:

  • 統計処理やプレゼテーションなどの能力が必要な場合がある。
  • 海外の企業や研究機関と英語でのやり取りが必要になる場面も多いため、英文の論文の読解力はもちろんのこと専門性のある語学力が必要となる場合が多い。
  • 医学教育では学ばない知識や能力が求められる。

外資系企業で働くことで自己の能力向上ができます。臨床に戻ってもすぐに使える知識や能力を持てることは多いです。

医師として病院で働くのは心身ともに疲弊してしまいます。

医師免許があれば転職や再就職も難しくありません。

自分の生活スタイルにあわせて将来を見据えた職場に就けるように早めの行動が成功のカギです!

応援する<br>こころ
応援する
こころ

病院以外での医師の勤務先は多岐に渡ります。

年収もさまざまですが自ら情報を獲得し自分に合った働き方を一度見直してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました